伊勢神宮の参拝後は、おかげ横丁散策 3

伊勢神宮の参拝後は、おかげ横丁散策 3

2020.12.28

The KANSAI Guide

伊勢神宮へのお参りの後は昔町を散策。伊勢神宮の内宮の入り口となる宇治橋から五十鈴川沿いに敷かれた石畳の上に、飲食店・土産物店・銘菓の老舗・旅の宿etc., 古い街並を再現した「おはらい町」という門前町があります。そのまんなかにあるのが「おかげ横丁」。60あまりのお店が並び、毎日がお祭りのようなにぎわいで、日本人にも人気のスポットです。昔から旅のみやげにされてきた、老舗の和菓子や愛らしい和雑貨の数々に目移りしそう。営業時間は店舗や季節により異なりますが、11:00-17:00頃に行けばほぼ全てのお店が営業しています。

とうふや

なめらかな口あたりのとうふと日本産の天然穴子を使った料理が自慢。イチオシは、月替わりの限定メニュー「とうふや弁当」。地元のものや旬の素材にこだわった彩り豊かな料理は、滋味深い豆腐をさらにおいしく演出します。夜間も営業しているので、観光客にも最適。伊勢神宮近くを流れる清流・五十鈴川の下流にある大きな銀杏の木の下の田舎風の建物が目印です。

若松屋

香ばしい香りが誘う伊勢かまぼこの老舗。近海の新鮮な素材を生かした若松屋のかまぼこは、昔ながらの製法を大切に守り続けており、地元では多くの方々に親しまれてきました。店頭では揚げたての「さつまあげ」などが食べられます。

だんご屋

おかげ横丁の団子専門店。定番のしょうゆダレのほか団子の種類も豊富です。おすすめは伊勢地方で長く親しまれ続けてきた「黒蜜ダレ」。深いコクのある独特のタレで、見た目はもちろんその味もインパクト大!休憩スペースでのんびり食べることもでき、食べ歩きやお土産の品としても好評です。

五十鈴川カフェ

おかげ横丁の散策で歩き疲れた時は、伊勢神宮近くを流れる清流・五十鈴川のほとりにたたずむ「五十鈴川カフェ」がイチオシ。こだわりの豆と抽出法でいれた本格的なコーヒーを楽しめます。また、開店当時から人気のチーズケーキやシュークリームなどのスイーツも食べられます。

関連記事

  • HOME
  • 三重県
TOP