大阪・京都が含まれる広域観光圏、関西について

The Origin of Japan, KANSAI

関西の今の話題

関西では2019年に世界各国の首脳などが参加した「2019年G20大阪サミット」が開催されました。会場となった大阪のみならず、関西全域で関係者などを迎え入れ、全世界へ関西の魅力を発信することができました。また、秋には「ワールドカップラグビー2019」も関西の神戸、東大阪の2会場で開催され、世界のラグビーファンとの交流を実現しました。他にも世界を代表する人気テーマパーク「ユニバーサルスタジオ・ジャパン」には、世界初の新アトラクション「SUPER NINTENDO WORLD」が2021年に誕生しました。
関西の訪日外国人旅行客数は年々増え続けており、関西における2019年の外国人延べ宿泊者数は2,269万人を数え、全国の約4分の1を占めており、全世界から注目される観光エリアとなっています。こうした外国人旅行客の増加が今後も続くことが予想され、関西では大阪、京都、神戸などの大都市部でホテルの開業ラッシュがここ数年続きました。

これからの関西

関西では、世界中から注目される国際ビッグイベントが控えています。全世界から約5万人もの参加者を得る生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ2021関西」が関西各地で開催されることが決定しています。なお、2022年5月開催の再延期が決定した同大会の新たな開催日程は現在調整中です。また、2025年5月~11月(185日間)には関西では1970年以来となる「2025年大阪・関西万博」が大阪市で開催されます。他にも大阪では、カジノなどを含む統合型リゾート(IR)の誘致活動を本格化しており、さらに活気あふれる地域となることが予想されます。

TOP