栗東歴史民俗博物館

栗東歴史民俗博物館

幅広い分野から、栗東の歴史と文化を紹介

 名神高速道路栗東インターチェンジのすぐ南方にあり、平成2年(1990)にオープンした博物館。栗東市立図書館や栗東自然観察の森など、栗東市の文化施設が集まる一帯に立地してます。
 エントランスホール正面には狛坂磨崖仏(複製品)をシンボルとして展示しています。栗東市南部の金勝山中にある実物と同じ大きさの巨大な石仏が、来館者の皆様をお出迎えします。
 展示室は2つあり、第1展示室の通史展示「栗東の歴史と民俗」では、縄文時代から近代に至るまでの栗東のあゆみと、民俗行事を紹介しています。一方の第2展示室では、年間数本、テーマをしぼった展覧会を開催しています。シンボル展示に代表されるような仏教文化や神道美術のほか、古代の栗東のすがたを明らかにする考古資料、東海道・中山道といった街道沿いに花開いた文化や、辻村鋳物師の作品など、幅広い分野から栗東の歴史を感じることができる博物館です。
 また、敷地内の移築民家旧中島家住宅(国の登録有形文化財)では、かまどでの炊飯体験などの様々な事業を通じて、歴史や昔のくらしを体験的に学ぶ機会を提供しています。

小地域展「岡の歴史と文化」 (3月9日土曜日から5月12日日曜日まで)

 栗東歴史民俗博物館では平成12年度から毎年度、市内のひとつの大字を取上げ、その歴史と文化を紹介する展覧会を開催してきました。今回は治田地域から、岡地区を取り上げます。

【関連企画】
 ・展示解説会 3月10日(日曜日)、4月14日(日曜日)、5月12日(日曜日) いずれも14時から

※会期中の休館日:月曜日(4/29、5/6は除く)、3月21日(木曜日)、4月30日(火曜日)、5月7日(火曜日)

http://www.city.ritto.lg.jp/hakubutsukan/

埋蔵文化財発掘調査成果展―平成から令和へ―

 栗東歴史民俗博物館では、平成26年度以来10年ぶりの開催となる埋蔵文化財発掘調査成果展。平成から令和へと移り変わったこの間に、栗東市内での発掘調査で得られたバラエティに富んだ発見を紹介します。

【関連企画】……①・③は要事前申込。②は申込不要。
 ①講座「三足壺の発見!―近江の渡来人―」
 ・内容:令和4年度に実施された椿山池ノ浦遺跡(栗東市安養寺)の発掘調査では、朝鮮半島にルーツを持つとされる7世紀の三足壺が発見されました。この講座では、発掘調査の担当者が、三足壺発見の意義と、そこから分かる近江の渡来文化についてお話しします。
 ・日時:6月1日(土曜日)14時から15時30分まで
 ・講師:近藤 広(公益財団法人栗東市スポーツ協会 特任技師)
 ・会場:栗東歴史民俗博物館 研修室
 ・参加費:無料
 ・対象:一般、どなたでも
 ・定員:80人(要事前申込、先着順)
 ・申込方法:5月1日(水曜日)9時30分受付開始。栗東歴史民俗博物館に電話(077-554-2733)もしくは直接窓口で申込。(受付は開館時間中に限る。ただし、展示替休館中の5/13月曜日~17金曜日、20月曜日~24金曜日は9時30分~17時に電話のみで受付。)

  ②展示解説会:6月1日(土曜日)15時30分から(1時間程度) ※参加費無料、申込不要

  ③シンポジウム「蜂屋廃寺と法隆寺
 ・内容:栗東市蜂屋には古代寺院の伝承があり、少量ながら法隆寺式の瓦が出土するなど、その存在が推測されていました。平成30年(2018)の蜂屋遺跡の発掘調査では、法隆寺(奈良県)と共通する文様をもつ瓦がまとまって発見されています。このシンポジウムでは、考古学や建築史の専門的な見地から、幻の古代寺院蜂屋廃寺について考えます。
・日時:6月29日(土曜日)13時00分から16時45分まで
・講師:小笠原 好彦 さん(滋賀大学名誉教授)、山岸 常人  さん(京都大学名誉教授)、小島 孝修  さん(公益財団法人滋賀県文化財保護協会 主幹)
・会場:栗東歴史民俗博物館 研修室
・参加費:無料
・対象:一般、どなたでも
・定員:80人(要事前申込、先着順)
・申込方法:6月4日(火曜日)9時30分受付開始。栗東歴史民俗博物館に電話(077-554-2733)もしくは直接窓口で申込。(受付は開館時間中に限る。)

会期中の休館日:月曜日(7/15は除く)、7月16日(火曜日)

埋蔵文化財発掘調査成果展―平成から令和へ―

写真

栗東歴史民俗博物館

栗東歴史民俗博物館

基本情報

住所
〒520-3016 滋賀県栗東市小野223-8
TEL
077-554-2733
FAX
077-554-2755
最寄り駅
JR琵琶湖線「草津」駅より帝産バスで図書館・博物館前下車すぐ
URL
URL
E-MAIL
hakubutsukan@city.ritto.lg.jp
開館時間
09:30 ~ 17:00 (最終入館時間 16:30)
夜間開館
入場料
通常時: 無料
特別展示料: 有料
入館料は無料です。
特別展開催時には、別途観覧料を設定する場合がありますが、令和5年度については観覧料を設定する展覧会の開催予定はありません。
休館日
月曜日(祝日・振替休日を除く)、祝日・振替休日の翌日(土・日・祝日を除く)、
年末年始(12/28~1/4)、展示替のための臨時休館
ユニバーサル設備
車いす使用者等用駐車場、車いす使用者対応トイレ、車いす貸出、ベビーカー貸出、申し出による授乳室

アクセスマップ

周辺情報

こちらもチェック

最終更新 :
TOP