栗東歴史民俗博物館

栗東歴史民俗博物館

幅広い分野から、栗東の歴史と文化を紹介

 名神高速道路栗東インターチェンジのすぐ南方にあり、平成2年(1990)にオープンした博物館。栗東市立図書館や栗東自然観察の森など、栗東市の文化施設が集まる一帯に立地してます。
 エントランスホール正面には狛坂磨崖仏(複製品)をシンボルとして展示しています。栗東市南部の金勝山中にある実物と同じ大きさの巨大な石仏が、来館者の皆様をお出迎えします。
 展示室は2つあり、第1展示室の通史展示「栗東の歴史と民俗」では、縄文時代から近代に至るまでの栗東のあゆみと、民俗行事を紹介しています。一方の第2展示室では、年間数本、テーマをしぼった展覧会を開催しています。シンボル展示に代表されるような仏教文化や神道美術のほか、古代の栗東のすがたを明らかにする考古資料、東海道・中山道といった街道沿いに花開いた文化や、辻村鋳物師の作品など、幅広い分野から栗東の歴史を感じることができる博物館です。
 また、敷地内の移築民家旧中島家住宅(国の登録有形文化財)では、かまどでの炊飯体験などの様々な事業を通じて、歴史や昔のくらしを体験的に学ぶ機会を提供しています。

ユネスコ無形文化遺産登録記念展「小杖祭りの祭礼芸能―栗東の風流踊―」

会期:5月27日(土曜日)から7月17日(月曜日・祝日)まで

 小槻大社(下戸山)の例祭(小杖祭り)で行われる祭礼芸能「小杖祭りの祭礼芸能」を含む「近江湖南のサンヤレ踊り」をはじめとする、全国各地41件の風流踊がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念して、小杖祭りの祭礼芸能を初めとする栗東の風流踊を紹介します。

【関連企画】
  ・展示解説会 6月18日(日曜日)、7月9日(日曜日) いずれも14時から
  ・歴史講座「近江湖南の風流踊―サンヤレ踊りを中心に―」
    内容:風流踊の特徴や近江への伝播・広がりや、湖南地域に残る風流踊りの状況や特徴、また、「小杖祭り
       の祭礼芸能」を中心に、風流踊のなかでの「近江湖南のサンヤレ踊り」の傾向や特徴などを紹介しま
       す。
    日時:6月24日(土曜日)14時から16時30分まで
    講師:植木 行宣 さん(基調講演/元京都学園大学教授)
       宇野 日出生 さん(小槻大社宮司 栗東市文化財審議員)
       矢田 直樹 さん(滋賀県文化財保護課) 
    会場:栗東歴史民俗博物館 研修室
    参加費:無料
    対象:一般、どなたでも
    定員:90人(要事前申込、先着順)
    申込方法:6月1日(木曜日)9時30分受付開始。栗東歴史民俗博物館に電話(077-554-2733)で申込。

ユネスコ無形文化遺産登録記念展「小杖祭りの祭礼芸能―栗東の風流踊―」(5月27日土曜日から7月17日月曜日・祝日まで)

特集展示「平和のいしずえ2023~アジア・太平洋戦争と地域の人びと~」

会期:7月29日(土曜日)から9月3日(日曜日)まで

 栗東歴史民俗博物館では栗東市の「心をつなぐふるさと栗東」平和都市宣言をうけて、開館以来、戦争と平和をテーマとする「平和のいしずえ」展を開催してきました。これは市内外の所蔵者の方々からご提供いただいた貴重な資料を通じ、近代以降の戦争の歴史と戦時下の生活を再現することで、地域の視点から平和について考えようとするものです。
 令和5年度には、日中戦争からアジア・太平洋戦争にかけての地域のくらしを、若者たちの出征や物資の統制、戦時動員などの側面から紹介します。
  
  
  【関連企画】・展示解説会:7月30日(日曜日)、8月27日(日曜日) いずれも14時から
  会期中の休館日:毎週月曜日

特集展示「平和のいしずえ2023~アジア・太平洋戦争と地域の人びと~」

収蔵品展「文化財をつなぐ―修復文化財の世界―」(12月9日土曜日から令和6年2月25日日曜日まで)

 博物館の仕事、と聞くと、まず「展示」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。あるいは、「調査・研究」をイメージする方もいらっしゃるかも知れません。その一方で、文化財の保存や修復に取り組むことも、博物館の大きな役割の1つです。
 栗東歴史民俗博物館が開館して間もない平成4年(1992)に実施した、山口寺(栗東市荒張)の廃寺にともなう調査では、須弥壇の下から天部形立像の部材が多数発見されました。それらを組み合わせたところ、多くの部材が損なわれていた四天王立像(2躯)の復元が可能となったほか、それまで知られていなかった天部形立像1躯分として組み上げられました。いずれも平安時代の優品であることが明らかになったこれらの像は、このことをきっかけに平成10年(1998)には滋賀県指定有形文化財として指定されています。博物館が、地域の文化財に対して大きな役割を果たした一例と言えるでしょう。
 収蔵品展「文化財をつなぐ―修復文化財の世界―」では、栗東歴史民俗博物館の収蔵資料から、さまざまな事例を通して、文化財の修復について紹介します。

    
【関連企画】
○展示解説会:12月16日(土曜日)、1月13日(土曜日)、2月11日(日曜日・祝日)
       いずれも14時から(1時間程度)

○歴史文化財講座「文化財をつなぐ―文化財修理の現場から―」
 栗東歴史民俗博物館の収蔵資料を含めた滋賀県内の文化財は元より、全国各地の装こう文化財修理に携わって来られた坂田 さとこ さん(株式会社坂田墨珠堂 代表取締役・装こう師)をお招きし文化財修理の実際をお話しいただくとともに、文化財を後世に伝えるために博物館が果たすべき役割について考えます。
 ・日時:2月17日(土曜日)10時から11時30分まで
 ・講師:坂田 さとこ さん(株式会社坂田墨珠堂 代表取締役・装こう師)
 ・会場:栗東歴史民俗博物館 研修室
 ・参加費:無料
 ・対象:一般、どなたでも
 ・定員:90人(要事前申込、先着順)
 ・申込方法:1月10日(水曜日)9時30分受付開始。栗東歴史民俗博物館に電話(077-554-2733)で申込。


※会期中の休館日:毎週月曜日(1月8日、2月12日を除く)、
         年末年始(12月28日木曜日から1月4日木曜日まで)、
         1月9日(火曜日)、2月13日(火曜日) 

収蔵品展「文化財をつなぐ―修復文化財の世界―」

写真

栗東歴史民俗博物館

栗東歴史民俗博物館

基本情報

住所
〒520-3016 滋賀県栗東市小野223-8
TEL
077-554-2733
FAX
077-554-2755
最寄り駅
JR琵琶湖線「草津」駅より帝産バスで図書館・博物館前下車すぐ
URL
URL
E-MAIL
hakubutsukan@city.ritto.lg.jp
開館時間
09:30 ~ 17:00 (最終入館時間 16:30)
夜間開館
入場料
通常時: 無料
特別展示料: 有料
入館料は無料です。
特別展開催時には、別途観覧料を設定する場合がありますが、令和5年度については観覧料を設定する展覧会の開催予定はありません。
休館日
月曜日(祝日・振替休日を除く)、祝日・振替休日の翌日(土・日・祝日を除く)、
年末年始(12/28~1/4)、展示替のための臨時休館
ユニバーサル設備
車いす使用者等用駐車場、車いす使用者対応トイレ、車いす貸出、ベビーカー貸出、申し出による授乳室

アクセスマップ

周辺情報

こちらもチェック

最終更新 :
TOP