和田の岩門

和田の岩門

熊野層群の緩く傾斜した地層にある洞穴で、古来、和田の岩屋とか岩門(せきもん)と呼ばれていた。紀伊続風土記には「和田の岩穴 村の端磯辺にあり。山を切り抜きて門の形を成す。」とある。太地の古式捕鯨の祖、和田家の通用門であった。和田氏はこの内側に、4、5千坪もある屋敷をかまえていた。

写真

基本情報

住所
和歌山県東牟婁郡太地町太地
開催日
2021/02/08

アクセスマップ

周辺情報

こちらもチェック

TOP