燈明崎

燈明崎

熊野層群の砂岩層が作る絶壁が熊野灘に向かって突き出した岬。背後には梶取崎と同様に海岸段丘が広がっている。日本で最初の「鯨油を使った行灯式灯台」があった。遣唐副使だった吉備真備が漂流した地とも伝わっている。古式捕鯨の船団を指揮した「山見」のひとつ。

写真

基本情報

住所
和歌山県東牟婁郡太地町太地
開催日
2021/02/08

アクセスマップ

周辺情報

こちらもチェック

TOP