関西コネクションリーダーズと行く、奈良斑鳩ワイカルツーリズム・2日ツアー体験

関西コネクションリーダーズと行く、奈良斑鳩ワイカルツーリズム・2日ツアー体験

2020.7.17

Kyle Utke

この2日間、ワイカルツーリズムのツアーで奈良の斑鳩で素晴らしい体験をしました。まず、バギーに乗ってこの地域を探索し、途中で地元のお寺をいくつか訪問しました。その中には、世界で最も古い木造建築物がいくつかありました。斑鳩は大阪から1時間も離れていないのに、とても田舎のような雰囲気を持っています。長い間大都会にいたので、新鮮な空気を吸うのは気持ちが良かったです。

その後、豆腐作り野菜の奈良漬の漬け方を教えてもらうため地元のお店をいくつか訪問しました。店主はとても気前が良く、美味しい料理とお酒をたくさん試食させてもらいました。(野菜よりも肝臓の方が漬かっていたような気がします)。

初日の最後の活動は、吉田寺での御朱印帳作りでした。これは初日の中で一番好きな活動でした。自分たちでスタンプ帳のデザインを選んで、自分たちで組み立てていくのです。それはとても簡単な作業でしたが、とても個人的な経験になりました。これらの本は、訪れたお寺の御朱印を集めるために使われます。お寺ごとにスタンプやフレーズがあり、それを本に書き込んでくれます。新しいお寺に行った時に自分の本を作って持っていくのは、とても意味があり、今回の旅のポイントが高いと感じました。

宿泊施設もとても良かったです。私たちが泊まったのは「斑鳩日和」と呼ばれる大きな家で、部屋が分かれていて、リビングルームとキッチンが共有されていました。家はとても新鮮でモダンな感じがしましたが、引き戸や小さな朝食コーナーなど、日本の雰囲気を感じさせる素敵な工夫がされていました。伝統的な鍋料理が提供されたので、美味しい料理とお酒を飲みながら、お互いの絆を深めることができました。

2日目も1日目と同様にアクティビティが盛りだくさんでした。朝、私たちは小さな衣料品工場に行き、織機を使う体験をしました。とても簡単にできました。この作業は繰り返しの動作が多いのですが、一度自分のペースになると瞑想のような感覚になります。私たちは30分ほどしか織機を使っていませんでしたが、何時間でも簡単に使うことができました。

その後、私たちは山のお寺までトレッキングをしました。ハイキングは全く難しくなく、40分ほどの急な坂道を登っただけでした。山の頂上にある寺院は美しく、周囲の田園地帯の素晴らしい眺めを提供してくれました。
最後のアクティビティは、伝統的な茶道でした。茶道をするのは初めてだったので、少し緊張していましたが、茶道をしている女性の方は分かりやすくて、また、とても親切で元気な方でした。

斑鳩への二日間の旅はとても良い経験になりました。自分では考えもしなかったようなことをすることができましたし、とてもクールで個人的なお土産も手に入りました。

関連記事

TOP