京都から電車で10分!?日本最大の湖「琵琶湖」ガイド

京都から電車で10分!?日本最大の湖「琵琶湖」ガイド

2020.10.30

The KANSAI Guide

琵琶湖は日本で最も大きな湖。京都や大阪からのアクセスもよいこのネイチャースポットでは、美しい湖の風景を望むほか、クルーズ船での遊覧や花火大会なども楽しめます。水辺の楽しみを求めて、琵琶湖への旅へ出発!

琵琶湖へのアクセス方法とめぐり方

琵琶湖は日本最大の湖。その面積は約670平方キロメートル、湖岸の周囲長は約235kmに及びます。観光の起点となる大津へは、JR新大阪駅から電車で約40分、JR京都駅からはわずか約10分で到着します。広大な湖をめぐるスタイルは自由自在。湖を取り囲むように鉄道路線がありますので、各駅を移動しながらのんびり散策するもよし。レンタサイクル施設が充実しているので、自転車で湖岸を走るのもおすすめ。旅の上級者はレンタカーを借りるのも便利です。効率的に移動することができますよ。

琵琶湖を楽しむために外せないスポット

琵琶湖周辺を散歩するだけでも楽しめますが、広大な琵琶湖の周辺にはぜひ立ち寄ってほしいスポットや見逃せないイベントが盛りだくさん。今回は特におすすめしたい5つをご紹介します。

1. 標高1,000mの高所から琵琶湖を一望する

琵琶湖のスケールを実感できると人気なのが、標高1,000m以上の高地から湖を一望できる、リゾート施設・びわ湖バレイの「びわ湖テラス」!ロープウェイで登った稜線上にあるテラスから望む琵琶湖の大パノラマは、思わず息をのむほどのダイナミックさ。テラスカフェやダイニングもあるので、お茶や食事をしながらのんびりとと琵琶湖の展望を楽しんでください。JR湖西線滋賀駅からバスで9分です。

【施設名】 びわ湖テラス
【開館時間】 9:30 am~5:00 pm(季節により異なる)
【休館日】 無休(季節により休業あり)
【価格】 ロープウェイ(往復):大人2,600円、小学生1,000円、3歳以上600円、ペット500円
【URL】
公式ホームページ
関西観光本部ホームページ
【住所】 滋賀県大津市木戸1547-1
【Google Map URL】 GoogleMap

2. 琵琶湖から打ち上がる花火を楽しむ

びわ湖大花火大会は、毎年30万人以上もの人が集まるビックイベント。約1時間にわたって打ち上げ花火の競演が繰り広げられます。湖の上で花火を打ち上げることが特徴で、湖面と夜空が花火の色で染まる「水中スターマイン」は、絶対に見逃せません!大津港周辺の琵琶湖畔や、なぎさ公園などから見ることができますよ。2020年の開催は11月6日(金)7:00 pmから。

【施設名】 びわ湖大花火大会
【開館時間】 2020年11月6日 7:00 pm~8:00 pm
【URL】 公式ホームページ(日本語のみ)
【住所】 滋賀県大津市浜町2-40(なぎさ公園)
【Google Map URL】 GoogleMap

3. ミシガンクルーズで非日常体験をする

湖の上から琵琶湖の眺めを楽しみたいのなら、ぜひ乗ってみたいのがクルーズ船「ミシガン」。レトロな雰囲気の外輪船で大津港を起点に湖を周遊するミシガンでのクルーズは、80分、60分、そして夜景が美しい夜の便と、3つのコースを用意。船内ではブッフェスタイルのランチやディナー(要予約)も選択可能!船上で特別なひとときをお過ごしください。

【施設名】 ミシガンクルーズ
【開館時間】 10:00 am~8:30 pm(最終出港は7:30 pm、季節により異なる)
【休館日】 無休(季節により休業あり)
【価格】 80分コース:大人2,830円、学生2,300円、小学生1,420円 、60分コース:大人2,300円、学生1,880円、小学生1,150円、ミシガンNIGHT120分コース:大人3,040円、学生2,520円、小学生1,520円
【URL】
公式ホームページ(日本語のみ)
関西観光本部ホームページ
【住所】 滋賀県大津市浜大津5-1-1
【Google Map URL】 GoogleMap

4. 白髭神社で絶景写真を撮る

琵琶湖の湖上に立つ鳥居が神秘的な雰囲気を醸し出す、歴史ある神社。およそ2000年前の創建と伝えられ、長生きや縁結びのご利益がある神様として親しまれています。朝や夕方、湖面と鳥居が朝日や落日に染まる絶景は、幻想的な美しさ!ぜひ、その絶景を写真におさめてくださいね。

【施設名】 白髭神社
【開館時間】 境内自由
【休館日】 無休
【価格】 無料
【URL】 公式ホームページ(日本語のみ)
【住所】 滋賀県高島市鵜川215
【Google Map URL】 GoogleMap

5. 琵琶湖1のパワースポット「竹生島」を訪れる

琵琶湖の湖上に浮かぶ竹生島は、「神様が住む」と言われる島。島内には宝厳寺(ほうごんじ)と都久夫須麻神社があり、お寺で最も尊重されている信仰の象徴である仏像「本尊」の弁財天は「日本三大弁天」のひとつとしても有名です。琵琶湖第一と言われるパワースポットで、大自然のパワーを感じてください!島を訪れるのなら、長浜港や今津港からのクルーズを利用するのが便利ですよ。

【施設名】 竹生島
【開館時間】 散策自由
【休館日】 無休
【価格】 入島料500円
【URL】
公式ホームページ
関西観光本部ホームページ
【住所】 滋賀県長浜市早崎町
【Google Map URL】 GoogleMap

琵琶湖は広大なスケールを誇る湖だけに、その魅力も盛りだくさんです。岸辺を歩き、船に乗り、自分自身の五感を研ぎ澄ませて、琵琶湖の旅を満喫してくださいね!

関連記事

TOP