嶋津の筏師の道

嶋津の筏師の道

「筏師の道」は、かつて筏師が、河口の新宮と山間部の集落の間を移動するために、熊野川流域に発達した道である。嶋津では、「板屋断層」の上を道が通過し、日高川層群と熊野層群の2つの地層を道沿いで観察し、約5400万年のタイムギャップを感じることができる。

写真

基本情報

郵便番号
647-1232
住所
和歌山県東牟婁郡新宮市熊野川町嶋津
開催日
2021/02/08

アクセスマップ

こちらもチェック

TOP